知的冒険の旅へ出発!


by IGUANAVOICE
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

桃花源

谷を超え山を越え探検気分で向かうのは、葉山の自然に囲まれた隠れ家レストラン「桃花源」。宣伝広告を一切せず、口コミだけで大人気のレストランは今日も大賑わいで、オーナーとは話しも出来ないほど。イグアナボイスが施工を担当してから、早、3年もなり嬉しい限りです。お客様はどうやってこの場所に辿り着くのだろう? メニューはオマカセで何が出てくるのかもわからない。冒険心と好奇心なくしては、来る事も食べる事も出来ない、何とも不思議なレストランです。現地シェルパの同行も酸素ボンベも必要ありませんが、行き当たりばったりでは到底辿り着く事は不可能。くれぐれも遭難しないように。運良く辿り着いた幸運な人にはスペイン製の大きなテーブルと美味しい料理の数々、そしてオーナー兼マダムの素敵な笑顔に出会えるはずです。
知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_121261.jpg

[PR]
# by iguana-voice | 2010-08-29 07:28 | 建築

「ダイバー・ウオッチ」

ダイバーウォッチは、一般のスポーツダイビングなら水深100m防水で充分、水深200mから600m、更に1000m超の飽和潜水用などは明らかにオーバー・クオリティー。今では優秀で手の届く価格のダイブコンピューターも普及し、ダイバーウォッチの出番は薄れています。にもかかわらず、ダイバーウオッチの人気は高く愛好家や収集家も多く、高級ブランドも毎シーズン競ってダイバーズモデルをラインナップしています。潜らなくても、ましてや飽和潜水などしなくても、オーバー・クオリティーに裏付けされた機能や逸話や伝説の数々が、人々を魅了し未知の深海や7つの海に誘うのかもしれません。株式会社ワールドフォトプレス社発行「防水の力 / ダイバーズウオッチ」は正に「バイブル」と呼べる逸本。とにかく内容密度が濃い!濃すぎる!いや、深すぎる!文字通り「知的冒険への水先案内書」。アクアラング装備の女性ダイバーの表紙を外すと、知的冒険心をクスグル美しい装丁が現れます。これも名編集者、今井今朝春氏だからこその離れ技!!
知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_19221749.jpg

d0175187_1922142.jpg

[PR]
# by iguana-voice | 2010-08-20 00:03 | 書籍

「ボロブドール」

うだるような暑さの中、急な階段を上ると山の斜面が一望となり、斜面を覆い尽くす土留めの擁壁(ようへき)が段々畑のように広がり、遺跡か寺院のような荘厳な雰囲気を醸し出す場所が近所にあります。そこは、数十年前、仕事で赴いたインドネシア中部ジャワの仏教遺跡「ボロブドール」と重なります。灼熱の太陽と容赦ない湿度の中、ボロボロのバンでジャングルを走破すると、突如、巨大な建造物が現れ圧倒的な存在感を放ち密林の中にそびえ立つ「ボロブドール」。目透し格子に石積みされた多数の鐘形の大小の「ストゥーパ : 仏塔」があり、そのデザインの記憶と重なったような。こんな身近な場所で「ボロブドール」が疑似体験出来るなんて。
知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_1485416.jpg

d0175187_148361.jpg

d0175187_1481890.jpg

[PR]
# by iguana-voice | 2010-08-08 14:53 | 建築

Roberto! Mio Palmo!!

この夏、約20年ぶりに眠っていた潜水具を引っ張り出しました。水中カメラ、レギュレーター、ゲージ、水深計、コンパス、BCジャケットなどなど。どれも懐かしい器材たちです。当時の最先端機器も今となっては骨董の域に達するようなモノばかりですが、共通するのはプロスペックを有するモノが放つ「機能優先のデザイン」。テクノロジーを補うためには必然的に使い勝手や強度を上げていく他はなく、そのような過程で試行錯誤された「デザイン」には、今のモノにはない武骨ながら愛嬌のある「表情や人格」のようなものがあります。それにしても、当時のモノはでかくて重い。水中撮影となると運搬からセッティングと、結構、大変でした。映画「グランブルー」のEnzo のように弟がいれば...、 Roberto! Mio Palmo!!
知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_1741094.jpg

d0175187_13122436.jpg

[PR]
# by iguana-voice | 2010-08-04 13:26 | デザイン
d0175187_15205342.jpg
小象が踏ん張っているような何とも愛嬌のあるフォルムのこの椅子は "EFEBINO" 。Artemide社Design:Stacy Dukes。これよりひとまわり大きいタイプは"EFEBO"と呼ぶ。寝不足と熱狂の中、閉幕してしまったワールドカップ。ブラジル代表のロビーニョやロナウジーニョが本名ではなく「小さなロブソン」「小さなロナウド」と愛称で呼ばれるのと似ている。小さな"EFEBO"だから"EFEBINO" 。数ある椅子の中でも好きな一脚だが約30年も昔の椅子でとても稀少。となりに「ケロリン」の黄色い桶があるとお風呂のイスにも見えますが...違います。どうするとこんな愛嬌のあるフォルムが思いつくのだろう? 知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
# by iguana-voice | 2010-07-29 16:13 | インテリア