知的冒険の旅へ出発!


by IGUANAVOICE
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

iguanavoice

無骨、質実剛健、無垢、塊、工業製品、etc...、このように例えられる「モノ」に何故か惹かれる。これらは「長持ちする事こそが存在意義」とでも云うように耐久性に優れ酷使される反面、美術品や宝石のように大切にメンテナンスされ、何とも云えない「味」を醸し出して行く。もしかしたら試されているのはこちらで、その「極みへと修業させられているのかも」と思う時が多々ある。何故なら、その殆どの「モノ」たちはオーバースペックであり、使いこなすには「熟練の技」や長い年月を要するから。乗りこなせないバイク、生死の境を共にしたダイバーウォッチ、革靴や工具等々。愛着が増し人格すら感じるようになったら要注意。
d0175187_22462573.jpg

上の画像、何の機械か答えられる人は、よほどの珈琲好き。答えは珈琲豆焙煎機。この「焙煎機」という響きがグッと来る。現在、念願の「自家焙煎珈琲豆店 Shiba Coffee」のデザインを担当している。こんな焙煎機を使い、珈琲のアロマの香りに浸れるなんて、羨ましい限り。
d0175187_0495926.jpg

残念ながら我が家に焙煎機は無いが、豆引きなら立派なのがある!明らかにオーバースペック。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
by iguana-voice | 2012-01-29 01:19 | デザイン

iguanavoice

本日、9時55分より放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」に、イグアナボイスがデザインを担当した 「FOODIO : フーディオ」が紹介されます!!
d0175187_12535024.jpg

画像は、厳選した九州産黒毛和牛の3部位を使用し、焼き肉の超人気店「韓てら」のキッチンで毎日丁寧に手作りされる「焼き肉屋が作ったプレミアムハンバーグ!タスマニア産高級粒マスタード添え」、絶品です!お近くでなくても是非、ご賞味あれ!
d0175187_12533770.jpg

元は「池尻デリカ」という店名だった「FOODIO」。「池尻デリカ」、今、改めて聞いてもイイーなー。この店名に共感され出店をお考えの方、ご一報お待ちしております。お問い合わせはイグアナボイスまで。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
by iguana-voice | 2012-01-22 03:53 | ニュース!

iguanavoice

「今年こそは...」。毎年のようにこの言葉を述べ、様々なモノ事を志すのだが、まったく成し得ていない。この言葉の使用期限はせいぜい1月いっぱいが限度。しかし、有効期限は12月31日の大晦日まで。ズルズルと後回しとなり「来年こそは...」の言葉に変わり除夜の鐘を聞く。ここに落とし穴がある。長年愛用の時計をOHする!これもその一つ。既に何十年経つやら。今年こそは! 1月21日より「東京交通会館」12階ダイヤモンドホールにて「第一回 JAPAN 時計フェスタin 東京(アンティーク時計フェスタ)/入場無料」が開催される。レアな機械時計から関連商品、部品、情報に至る記念すべき第一回開催。ご興味のある方、OH予定の方、おヒマな方、是非!一生モノとの出会いがあるかも。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_23261016.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-01-20 23:26 | ニュース!

iguanavoice

今年はメデタイことに元旦のFMラジオ出演から仕事つづき。新年といえばニューイヤー、ニューイヤーといえば「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤー・コンサート」! 今年はウィーンではなく自宅TVで録画をやっと観る。ん?! 、まず気になったのが、今年で2回目のタクトを振るマリス・ヤンソンスの服装。来賓客も演奏者も正装の中、彼だけがグレーのビジネス・スーツにグレーのネクタイ?! でも、よく見るとピークドラペルにパンツには側章、だが、本来フォーマルならノーベントのはずが、深いサイドベンツに。表現力豊かにタクトを振るには、深いサイドベンツが必須なのかも。んー、プロフェッショナルの正装。
d0175187_17224359.jpg

ニューイヤー・コンサートをTVで観る愉しみの一つに、楽曲の世界観を表現するバレエ。
終盤「ポルカ・燃える恋・作品129」にて、クリムトの絵画「接吻」の男女が踊り出す演目は、斬新な演出で注目されるダビィデ・ボンバナが振付けを担当しています。豪華絢爛ながら親しみやすく、世界中からチケットの応募が殺到するニューイヤーコンサート。例年、驚異的な倍率となる来年のチケット申込は今月の23日まで。と、このように書くと、とてもクラッシック通に見えますが「新年ぐらいは」。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_17221931.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-01-14 17:22 | その他