知的冒険の旅へ出発!


by IGUANAVOICE
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

知的冒険の旅 iguanavoice

師走、仕事納めはどこへやら。突貫工事が続く新規ヘアーサロンの施工現場。現在、施工真っ最中のヘアーサロンは比較的大規模な店舗。広い空間はどうしてもディテールのインパクトに欠けるので、とにかく居心地の良い空間を目指し、全体のバランスを考慮してデザイン。まずは店舗内の各セクションを異なる業種の空間と捉え、その用途に添い、あまり奇をてらわずデザインする。トータルイメージはそのままに「違い」をさりげなく演出するのは難しくもあり、楽しくもあるところ。新年も、知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_15261964.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-12-30 15:29 | 建築

知的冒険の旅 iguanavoice

Christmasの夜は映画館へ。Les Miserablesはミゴタエ満点! 約3時間の長編に気分はすでにジャン・ヴァルジャン。夜の山下町から馬車道も劇中18世紀パリの路地裏に見え、人影がジャヴェール警部に思えるから不思議。コゼット! 知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_16553351.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-12-26 18:06 | その他
盆と暮れだけ会う友がいる。彼は1年の大半を「冒険」に費やし、盆と暮れだけ日本に戻り宅配便で資金を稼ぎ、また冒険へと旅立つ生活を、何年も、何十年も続けている。スポンサーがいる訳でもなく、ブログや旅行記を書く訳でもなく、彼はただひたすら純粋に自分の冒険心と真摯に向き合っている。彼の冒険スタイルはどんな辺境な地でも1人で「愛車」と行くのがセオリー。その「愛車」がこれ。
d0175187_16222650.jpg

アマゾン、南極、シベリア、バルカン、シルクロード、etc...世界中を駆け巡り、何度も何度もエンジンを載せ換え、この愛車で帰国し宅配をする。帰国直後の彼は別人のように痩せこけている。冒険の最中は愛車がホテル代わり、どこでも夜は危険なので窓を閉めて寝るらしく減量にはもってこいだそうだ。とにかく「会う」のがとても愉しみな友。会えば時を忘れ冒険談に花が咲く。「レイダース盆暮れインディ」、彼のような冒険は出来ないが、知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_16225038.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-12-22 18:32 | その他
「平和島骨董まつり」に行った友人がお土産を持って来てくれた。戦利品は「Rosenthal studio-line love story : ローゼンタール / スタジオライン / ラブストーリー」カップ & ソーサー。1996年発表のこのシリーズは、夢の国のカップルが出会いから世界一周旅行へと旅立つ物語を「Kity Kahane : キティ・カハーン」がポップな色使いで表現した作品群。
d0175187_17205086.jpg

「ローゼンタール」は1879年、フィリップ・ローゼンタールが創立したドイツの名門高級食器メーカー。1961年には、気鋭のデザイナーやアーティストとのコラボレーションによる「スタジオライン」を発表。サルバトール・ダリ、バウハウスの初代校長ヴァルター・グロピウス、レイモンド・ローウィ、ティモ・サルパネヴァ、タピオ・ヴィルカラ、ビョルン・ヴィンブラッド、ジャスパー・モリソン、パトリシア・ウルキオラ、キティ・カハーンなど、デザイン好きにはタマラナイ錚々たるメンバーが名を連ねる。
d0175187_17211189.jpg

「ローゼンタール」は1997年、「Waterford : ウォーターフォード」の傘下となり個性的なデザインで急成長したが、2009年、親会社の破綻が原因でバイエルン州の裁判所に破産手続きを申請。「クラッシックライン」もさることながら、今後の状況によっては2度と手に入らない作品があるかもしれない?!「スタジオライン」は要注目! レアなモノもお安く賢く、恐るべし骨董市! 知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_17224755.jpg

[PR]
by iguana-voice | 2012-12-16 18:34 | デザイン
今年度、最後の「平和島全国古民具骨董まつり」は、14日、15日、16日開催! 和物から西洋アンティークの器や装飾品、時計、万年筆、etc...。ガラクタと見るかオタカラと考えるかは人それぞれ。骨董市は、人と人との「やり取り = 買う愉しみ」を再認識させてくれる場所。上手に値切るコツは笑顔! 骨董市は知的冒険そのもの。これからも、知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_22525925.png

[PR]
by iguana-voice | 2012-12-12 22:55 | その他