知的冒険の旅へ出発!


by IGUANAVOICE
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
d0175187_16103147.jpg
d0175187_1610115.jpg
Eero Aarnio作マルテラ社の「The Tree」。
「The Tree」が1本売れるごとに経済復興と環境保全の為、ペルー・アンデス山脈の貧しい村々には果樹が4本植えられる。2008年11月の時点では1000本の果樹が植えられたそうだ。イグアナボイスには2本の「The Tree」が来た。もうすぐ2011年、果たしてアンデスには合計何本の果樹が植えられたのか? とても愉しみでならない。失われた自然を再生するデザインの力。国内での流通量が極めて少ない「The Tree」は現在、受注後約4ヶ月待ちの状態だが、アンデスの子供達に果樹を届けられると思うとナンノソノ!! 知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
# by iguana-voice | 2010-12-06 12:20 | インテリア
好きなアーティストは?と、問われると真っ先に頭に浮かぶのがアメリカン・コミックス界の巨匠ニール・アダムス(Neal Adams)。躍動感溢れる模写と感情豊かな表情がコミックスをアートの域へ導いたと云われるニール・アダムス。特に彼の描く「バットマン」や「スーパーマン」は絶品で、原画の市場では今も高額で取引されている。最も脂がのっていた1978年「スーパーマンVSモハメッド・アリ」が「月刊スーパーマン別冊/日本版」としても発行。当時、モハメッド・アリは文字通りヒーローであり、現実に存在する世界ボクシング・ヘビー級チャンピオン。コミックスの中のヒーローとどうやって戦うのか?子供心にかなりの衝撃を受け、発売前から興味津々、迷わず予約した記憶がある。その幻のコミックスが約32年ぶりに復刻!よくぞ復刻してくれました!果たして勝利の女神はどちらに微笑んだのか?結末は読んでからのお愉しみ。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
d0175187_184135.jpg

[PR]
# by iguana-voice | 2010-11-19 18:06 | 書籍

iguanavoice / ヨーヨー・マ

d0175187_13161791.jpg
11月9日、ミューザ川崎シンフォニーホールにて「Yo-Yo- Ma 2010 Recitals」がミュージックプラント主催で催された。2年前はピアソラやブラジル音楽を、今回はモリコーネからブラームス、ラフマニノフと、ピアノのキャサリン・ストットとの息もピッタリ。ミューザ川崎シンフォニーホールは規模からするとそんなに大きなホールではないが、音楽を聴く、音楽を観る、音楽を楽しむためにデザインされたホール。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
# by iguana-voice | 2010-11-12 13:35 | イベント
d0175187_22572043.jpg
シンプルでありながら美しさと温もりが感じる北欧のデザイン。北欧を代表する自動車メーカー、SAAB(サーブ)には北欧デザインのスピリッツが宿っている。そのSAABがお送りする「サーブ・プレゼンツ・セレナータ」が毎週土曜日22時30分よりON AIR! 人気DJの竹下由起さんをナビゲーターに、クラッシック音楽を気軽に楽しんでいただけるFMラジオプログラム。番組はインターネットでも放送中! インターネット(サーマル)ラジオより関東エリア「Shonan Beach FM 」の「放送を聴く」をクリック。イグアナボイスは、SAABのセールスプロモーションを担当。知的冒険の旅はまだまだ続きます。
[PR]
# by iguana-voice | 2010-10-28 13:28 | デザイン

リノベーション

d0175187_1143425.jpg
d0175187_1143214.jpg
築約50年の精米工場のリノベーションが完了し版画工房「Kawara Printmaking Laboratoly」がOPEN! リノベーションの際、心掛けている事は「どう造り変えるのか」ではなく「現状のデザインを次ぎのデザインに移行できないものか」という視点。クライアントの要望や予算もあり、現状の保存・改良より新しく造り変えた方が効率の良い場合が殆どだが、古い建物にはそれなりのストーリーがあり「味」がある。これはどんな技術を持ってしても再現出来ない「時間」だけが成せるワザ。出来る事といえばその「味」が出るまで持ちこたえられるような下地や加工を怠らない事と「スタレない」デザイン。工房ではデジタルと平行して手作業による「オフセット校正機」が今も現役で活躍している。知的冒険の旅はまたまだ続きます。
版画工房「KAWALABO」TEL:042-719-7150
[PR]
# by iguana-voice | 2010-10-10 11:42 | 建築